「汚いなぁ」中居正広、元AKB48内田眞由美の年商に驚き

玩游戏 2019-08-14

タレント、中居正広(46)が12日、自身がMCを務めるTBS「中居くん決めて!」(月曜後11・56)に出演。AKB48を卒業後、焼肉店のオーナーに転身した内田眞由美(25)の年商が億超えと知り、驚きを交えながら「やろっかなー」とオーナー業に興味を示した。

番組では元AKB48のメンバーが現在何をやっているのかを特集。内田はグループ卒業後、芸能活動をしつつ、新大久保で焼肉店のオーナーを務めていることを明かした。両親が焼肉店を経営していたこともあり、グループ在籍中に「焼肉店IWA」をオープン。店内には、AKB48時代の衣装や来店したメンバーのサインや写真が飾られ、元メンバーが店員として働くなど、完全にAKB48に便乗している。

 同店のおすすめメニューが同グループ大ヒット曲の「恋するフォーチュンクッキー」にあやかった「フォーチュンおにぎり」と知った中居は「フォーチュンおにぎりって、内田さん(恋する)フォーチュンクッキー(のメンバー)だっけ?」と質問。当時メンバーとして歌ってもいなかったことを知ると、「汚いなぁ。いいな~汚さが。きれいな汚さ」と感心。さらに内田から年商が一番良かったときで億超えと明かされ「やろっかなー」と興味津々だった。

 そんな内田は「AKB48を全開にしているので、たまに入って来て下さった一般のお客様がビックリして、帰っちゃうときがあるんですよね。どっち(AKB48と一般)路線に行ったらいいのかな」と中居に相談。

 中居は「知らない」とまさかの相談を受け付けなかったが、気を取り直し「ファンの人でここまでね売上も含めてだけど、成り立ったわけだからファンを邪険にしないほうがいいと思いますよ。もっとAKB使ったほうがいいんじゃない」とアドバイス。

 ゲストで元AKB48の川崎希(31)は「私は卒業してから3年くらいはファンのおかげでアパレルがうまく行ってたんですよ。メンズで売ってて。でも結婚した途端にファンが1人もいなくなったんですよ。内田ちゃんが結婚したときにファンがいなくなると思うので、その時が勝負」と自身の経験を語ると、中居は「俺なんて結婚してないけど、最近どういうわけか(ファンを)見ないけどね。あんだけいたんですよ」と笑いを誘った。


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁
您可能会喜欢

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示